【婚活】お見合いで断られる理由

【婚活】お見合いで断られる理由

 

あっという間に六月になりましたね。
六月に入っても青空が続いたので、梅雨入りに気が付かなかった方も多かったことと思います。

 

一年も半分が過ぎようとしてくると、婚活の目標設定も先送りしていかなければならない方も出て来ると思います。
「夏までには婚約!」と年始に目標を掲げていた貴方。思惑通りには事が進まず現実は厳しいものであったかもしれませんが、ここで気持ちを切らさずに前に進むことが大事です。

 

プロフィールの段階で断られてしまう方、お見合い後に断られてしまう方。
人当りが良くて、職場や友人など普段の生活ではとても良い人間関係を築けているのに…どうして?とジレンマに苦しんでいる方もいらっしゃると思います。

 

婚活をするに当たって、どうしても「理想の相手」を求めてしまいます。特に、初婚の方や恋愛経験が少ない方の場合に、その傾向が強くあります。

 

「理想の相手」と「結婚する相手」は、イコールではありません。
理想の相手にとって、自分自身が理想のタイプになれているのか? もう一度冷静になって自分のことを考えてみることも大事なことです。

 

短期間でスムーズに結婚をされているカップルを見ていると、「理想の相手」と「自分に本当に合うと思う相手」が元々近かったり、または、「自分に合う相手」を分かっている方が多いです。

 

「結婚願望がない男性を好きになってしまうんです」と結婚しないできた理由をお話される女性がたまにいます。自分が好きになる相手を変えていかない限りは、結婚を成就することは至難の業でしょう。

 

いろいろな人に会っても、なかなかピンと来る相手に巡り会わない 自分が気に入っても相手から断られてしまう という状況が続く方は、ご自分の頭の中で描いている「理想」と実際に合う「現実」の相手に大きな開きがあるのかもしれません。

 

実際にご成婚されているご夫婦から「最初は全然タイプではなかった」という言葉を耳にします。

「ここまで独身で頑張ってきたのだから、周りのみんなが羨むような相手と結婚したい」と思ってしまっている方もいますが、結婚相手は万人から魅力的ではなくても、貴方にとって魅力的な部分がある方であるかどうか…が長い結婚生活を送っていく上で大切なことです。

 

「理想のタイプではないから」「好みではないから」と切り捨ててしまうのではなく、先入観を捨てていろいろなタイプの方に会って話してみることが、結婚への一番の近道です。

 

皆さまにとって、本当に合うパートナーが見つかりますように、サポートさせて頂きます。

 

 



過去の記事

カテゴリー