目を見て話す

目を見て話す

 

六月ですね。

ジューンブライドのシーズン到来です。

幸せなお話を伺うと、梅雨のうっとうしさも吹き飛びます。

弊社のご紹介からも、今月数組のジューンブライドが誕生する予定です。

六月の花嫁は幸せになれる と欧米では古くから言われているそうですね!

 

 

先日お会いした方から、素敵なサイトを教えて頂きました。

 

「愛する人に愛される方法」 http://www.h5.dion.ne.jp/~takata/

 

お時間がある方は、是非ご覧になってみてください。

 

今日はその中からひとつ、ご紹介します。

★相手の目を見て話そう★

 

相手の目を見て話す。

――あまりに言い古された言葉ではありますが、まだまだ、これを意識して実行されていない方も多いのではないでしょうか。

人は、嘘をついたり、隠しごとをしたりしている時は、相手の目を見て話すことができません。
相手の目を見ると言うことは、「私はあなたに完全に心を開いています」というサインなのです。
「この人は、真摯に私と向き合おうとしている」と、よい印象をもたれることでしょう。

目を見るといっても、じっと見つめ続けるのも変ですので、実際には、鼻のあたりを見ながら、時々ちらりと目を見るのがよいと思います。

恥ずかしいからといって、目をそらせてしまっては、相手の機嫌を害する可能性さえあります。
特に、目があった時に、横にそらしてしまうのは最悪です。相手を蔑視していると勘違いされても仕方がありません。
どうしても目をそらしてしまうなら、下にそらすべきです。これなら、単に恥ずかしがっているだけと見られ、マイナスの印象は与えないでしょう。

目を見ながら話すということは、自分の心からの誠意を示すということです。
どれだけ多くの言葉を並べるよりも、大きな効果があるでしょう。

 

★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

素敵な六月になりますように。

今月もたくさんの素敵なご紹介が出来ますように、頑張らせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京の結婚相談所エイムのコンテンツ一覧

  • エイムの特徴
  • 海外赴任・海外在住の方へ
  • 料金のご案内
  • ご利用の流れ
  • ご入会について
  • ご成婚者の声


  |  

過去の記事

カテゴリー

無料カウンセリング