恋愛してこなかった人

恋愛してこなかった人

 

昨日は節分でしたね。早いもので、もう立春。
暦の上だけでも「春」という字が登場すると、気分が上がりますね。

 

婚活をされている方々とお話をしていると、これまでの恋愛経験についても話題になることがあります。
彼女または彼氏いない歴=年齢 という方も中にはいらっしゃいます。むしろ、意外に多いかもしれません。
「付き合っている」という認識も人それぞれ。食事だけ数か月続けていたことを付き合ったと思っている方もいます。

 

伺ってみると、学生時代の比較的出会いの多い時期に異性とのお付き合いに興味がなかったり積極的になれなかったという状況のまま、「社会人になれば自然に出会えるだろう」と思って何も行動を起こさないうちに、気が付いたら年を重ねてしまっていた… という流れ。

 

長い期間(少なくても半年以上)の交際を経験したことがない方は、今まで恋愛をしてこなかった分、現実的な異性の実態が分からず、理想が多くなってしまいがちです。特に男性の場合は、外見的な美しさやかわいらしさなどの容姿に固執する傾向があるように感じます。理想の容姿に近い女性に出逢うことが出来たとしても、次の段階で、相手の言動の一つ一つに過剰反応をしてしまい、例えば、「女性らしくない言い方をした」「メールの反応が悪かった」「別れ際に振り返らずに行ってしまった」など相手の一回の過失を許すことが出来なくなってしまっています。

 

 当然のことながら、相手に求めるスペックが高ければ高いほど、多ければ多いほど、恋人が出来にくくなります。
結婚に完璧を求めてしまうと、いつまで経っても迷いが生じてくるものです。

 

これまでしっかり恋愛をしてきた人は、男性慣れ/女性慣れをしていますので、婚活をする上でも有利です。細やかな気配りや、相手へのエスコート、会話の中で気の利いた返しが出来たり…。過去の経験が生かされるのが恋愛です。けれども、世の中にはいろいろな好みの方がいますので、安心してください!口下手で会話が面白くなくても、サービス精神があまりなくても、中には好きになってくれる人はいるものです。

 

唯一、「自分に自信がない人」は、ほとんどの人から敬遠されてしまいます。
ネガティブな人よりも、楽天的な人のほうが圧倒的に好かれます。人は、本能的に生命力があって輝いている異性に惹かれていくものだそうです。
根本に謙虚さがあれば(←ここ大切!)、強気な面を出すことは悪いことではありません。

 

振られた質問に対してネガティブな返答をしたり、デリカシーのない発言や、空気を読まずに自分のことばかり話し続けてしまう など、相手との距離感が分からないままでいると、押す時ではないのに強引にアプローチをしてしまったり、良いムードなのにアタック出来ない など「ここぞ」のタイミングを逃してしまって、相手との関係がギクシャクしてしまう結果になります。LINEやメールでのやり取り&会話の中から、相手の呼吸や波長、好きな話題やあまり触れないほうがよいテーマなどを読み取っていくこと。そして、相手に安心感と癒しを与えることを第一に考えてコミュニケーションを取ること。

 

恋愛経験が少ないからといって卑屈になる必要はありません。極端な警戒心を持つ必要もありません。
 相手が楽しめていると、自分の気持ちも楽になり、二人の距離が縮まっていくものです。まずは相手を楽しませることを考えて!



過去の記事

カテゴリー